NEWS

サプールのファッションショーを開催するためのクラウドファンディングが始まりました!

アフリカコンゴで90年以上継承されるファッション文化「サプール」。
わずかな収入をやりくりし、「エレガントな装いこそ人生の全て !!」という生き方を貫くファッショニスタたち。そんな彼らを約5年前より現地に尋ね、取材を続けているサプール写真家の「SAP CHANO」が、パリ在住コンゴ人サプールのデザイナー「バチュロア」氏と意気投合。彼のブランド「コニヴァンス」を日本で紹介すべく、サプールのファッションショーを計画しています。ショーは10月中旬都内にて開催予定で、辛口ファッション評論家の「ドン小西」さんも演出などで参加いただきます。
「コニヴァンス」は、本場コンゴのサプールはもちろん、パリにおいても他にはない独自のセンスで、欧州各国の有名人や大使館職員などが顧客に名を連ねており、イギリスBBC放送の取材や、フランスの男性誌「DANDY」で特集されるなど欧州では人気が加速しています。
そんな彼の目標は日本で「コニヴァンス」を販売し「サプール」文化を広めること。そして争いのない、希望が持てる平和で平等な社会をファッションを通して構築していくことです。
SAP CHANOはその真摯な想いに共感し、彼の想いを一緒に実現するために、クラウドファンディングを開始しました。
サプール協会もこのクラウドを応援しています。是非とも皆様もご支援、拡散をお願いいたします!

クラウドファンディング詳細
https://camp-fire.jp/projects/view/169694